特製の松前漬け。

おはようございます。あさ母です。




父は新潟県新潟市生まれの新潟育ち。

私の実家では大晦日、元旦の料理は昔の新潟の味です。





大晦日の夜にご馳走を食べるので

ご飯とおかずでお腹がいっぱいになってしまい

結婚前は、年越しそばを食べたことがありませんでした。





最近は、もう両親も歳なので面倒な料理はしなくなりましたが

今でも必ず作るのが「松前漬け」です。
IMG_3819.JPG
大根を干すのは12月が1番適しているそうです。

大根は、10日間くらい干します。


※大根を干すときの紐の縛り方は、父から教わってる最中です。
IMG_3827.JPG
干した大根をハサミで切ります。
IMG_3836.JPG
かつおだしを取ります。
IMG_3842.JPG
かつおだしの中に

醤油とみりんと酒を入れるのですが


どのくらい入れるの ?

と聞いても



適当~。とか

味を見ながら様子をみて~ とか言われてしまいます。



しょうがないです。

両親の世代の人達のほとんどはおそらく目分量で作っていると思います。



だから作り方を聞くのも大変で。💦





だいたいですが・・・


かつおだし 4カップ
醤油 50 cc
みりん 50 cc
酒 50 cc を
IMG_3843.JPG
鍋に入れてひと煮立ちして冷まします。・・・これは父のやり方です。


・・と父から教わっていたら




横から母が

そうじゃないよ !


大根をまず、醤油、みりん、酒だけで漬けて

味を染み込ませてから

少しずつかつおだしを入れながら味の調整をするんだよ ! と言います。





いったいどっちの作り方がいいのよ !!




と、思ってしまいましたが

今年は父の作り方で美味しいと言っていた母です。ため息~💦
IMG_3840.JPG
数の子は一晩、塩出しをして

キッチンペーパーで水気を切っておきます。



するめと昆布は、毎年、父がハサミで細く切っていましたが
IMG_3841.JPG


今年は、カットしてあるのを買ってきました。



それを全部、混ぜて出来上がりです。
IMG_3867.JPG
売っている松前漬けは、甘みが強いのですぐ飽きますが

両親特製の松前漬けは

大根も大き目に切っているので、歯ごたえががあるし

美味しい~。(๑˃ ᴗ˂ )و

まだ、漬かっていなくても、ついつい味見しちゃってます。



お正月以外の日は

数の子を入れないで、普段のごはんの漬物としても食べています。





あさた~ん、お待たせ~。そろそろ遊ぶよ~。
IMG_3866.JPG
※実家に置いてある、あさたんの一戸建てです。(*^^*)





では、では、またです~。

*******

にほんブログ村
今日もお越し頂きありがとうございました。
みなさまの応援クリックが、更新の励みになります。
よろしくお願いします。

あさ母とあさたんより。

この記事へのコメント