暮らしの知恵は昔からのこと。もしかしたら無印良品のS字フックの形も。

おはようございます。あさ母です。


IMG_3754.JPG
これは引越し前に撮影した両親が使っていたキッチン。


関連記事
[ 実家の両親が築36年のマンションに引越し ] 引越し業者はお客さんを獲得するのにここまでする。




IMG_3629.JPG
吊るす。ひっかける。収納。インテリア。
IMG_3782.JPG
無印良品や今の流行りのインテリアのことなど

まったく知らない父が針金でS字フックに似たものを作って引っ掛けていた。


父の世代。

もしかしたらそのずっとずっと前の時代に暮らしていた人々の知恵が

自然に引き継がれていたのかも。


それが今オシャレになってブームになってる。

そんな気持ちになりました。



うまく言葉にできないけど

お金さえあれば何でも買えちゃう現代よりも


物が無かった時代に生きた人たちの暮らしへの考え方、工夫は

凄かったんじゃないかなぁって。

台所を見ていて改めてそう思いました。*^^*



母は専業主婦になった事は1度も無く

私が小さい頃からずっと会社で働いてきました。

家でもとてもきれい好きだったので

ここ数年前までは、母のゆっくり座っている姿を見ることは

ほとんどありませんでした。


洋風の料理はほとんど作れない母ですが

どんなに忙しくても

必ず手作りの田舎料理を作ってくれて

スーパーのお惣菜や冷凍食品は、

ほとんど食べずに私は育ちました。
IMG_3632.JPG
上の段にあるのはすき焼き鍋で

私が20代の頃に初めて母の日にプレゼントした鍋です。


天ぷら鍋や油のボトルの下には必ず新聞紙を敷いて

その新聞紙もマメに取り変えて

ガス台の下が油だらけにならないようにしていました。
IMG_3633.JPG
シンク下に敷くシートも売っていたのに

そんなの買うのがもったいないと思って新聞紙で代用していたんだと思います。



きれいに丁寧に暮らして来た約15年の団地暮らし。



入居時に払った敷金は全額返金してもらえました。!(^^)!
IMG_3637.JPG
上から⒉段目にあるのが昔の蒸かし鍋。

私のお婆ちゃんが、

母が父のところにお嫁に来る時に持たせてくれたみたいです。

電子レンジがまだ家になかった時に

余ったご飯を蒸かしなおしてよく食べていました。



「三丁目の夕日」の映画を見ていて

この蒸かし鍋が出てきた時は、思わず笑ってしまいました。(๑╹◡╹๑)




では、また !

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし
にほんブログ村テーマ 丁寧な暮らしへ
丁寧な暮らし










この記事へのコメント